リリカカプセルを個人輸入するにはどうすればいい?

リリカカプセルを簡単に個人輸入するには

リリカカプセルは一般販売されていませんので、ドラッグストアや薬局などの身近な店舗では取り扱っていません。そうなると病院で診察を受けて処方してもらわなければなりません。

 

ですが、リリカカプセルを病院で処方してもらうには現地まで行かなければなりませんので交通費もかかります。更にもう病気がなんなのかわかっていて、薬だけもらえればいい、という状況であっても診察を受けなければならず時間がかかります。その上、診察代も取られることになります。こういった面倒事や無駄な費用をカットできるのが個人輸入なのです。

 

面倒な手続きは個人輸入代行業者を使えば楽々に

とはいえ個人輸入には雑多な手続きが必要になってきます。病院に行かなくて済んでも、その分色々手続きに時間を取られていては本末転倒です。個人輸入代行業者を利用すれば、ネットショッピングとほとんど変わらないような手間で簡単に個人輸入を利用することができます。

 

ですが、急に個人輸入代行業者と言われても、どの業者を使えばいいのかわからない人がほとんどだと思います。そこで、おすすめ個人輸入代行業者をわかりやすく値段順に並べた物が以下の図になります。

 

※リリカカプセル150mg(56錠入り)1錠あたりの値段

  1錠価格 送料 ショップ 詳細
134円(最安値!) 無料 オオサカ堂 詳細
146.4円 無料 健康通販 詳細
258円 無料 ジェネリックドラッグ 詳細

 

上の表見ればわかる様にオオサカ堂が最安です。こちらは1箱だけ買った場合の値段ですから、まずは一箱買って薬が体に合ったならば、多めに買うことでより割安で薬を手に入れましょう。

 

個人輸入代行業者のサイトで注文すると送料は無料ですし、病院に行く時間を作る必要もありません。薬代を安く抑えたいという方以外にも忙しくて病院に行けないという人にもいいでしょう。

 

個人輸入ってどういうもの?

ひとくちに個人輸入と言っても広い意味を持っていますが、今回のパターンでは国内流通していない薬品を国外から取り寄せて購入すること=個人輸入となります。

 

日本国内では医師の診察を受けて処方箋をもらわなければならない薬も、海外から個人輸入を行うことで病院に行く手間を省くことができます。

 

リリカカプセルの個人輸入に関してはまったく問題ありませんが、一部薬品(デパスをはじめとした向精神薬など)を海外から取り寄せる形での個人輸入は違法行為として禁止されていますので注意してください。

 

リリカカプセルはこういう薬だ

プレガバリンのジェネリック医薬品であるリリカは、神経障害性の疼痛に対しての鎮痛薬です。神経障害疼痛とは、神経の障害や損傷により痛みが出たることを言い、障害部位の違いによって中枢性と末梢性に大きく分けられます。

 

中枢性は脳や脊髄(脳卒中後の疼痛や精髄損傷後の疼痛、椎間板ヘルニア、頚椎症など)、これら以外のものを末梢性に分類し、末梢性神経障害性疼痛と分けているのです。例としては、糖尿病などの持病からの神経障害などがあります。リリカは、これらの神経障害性疼痛に有効な鎮痛薬であり、中枢系も末梢系どちらにも広く効果がある薬です。

 

痛みが発生するときに神経系が興奮し、各種の興奮性神経伝達物質を促進させてしまいますが、これらの神経を鎮め、一般的な鎮痛薬では効果がでにくい神経に起因する痛みに効果を発揮してくれます。

 

副作用としては、眠気が一番多いようです。人によってはめまいやふらつきを感じるという場合もありますし、高齢者の場合はそれらが原因になり転倒や転落事故に繋がってしてまうこともありますので服用している際には注意が必要です。また、眼の障害も特異ではありますが副作用の1つとして考えられています。物が霞んで見えたり、二重に見える、視力の低下などが出ることもありますので、症状が気になる場合には医師に相談しましょう。